Sponsored

 

この前仙台に会いに行った友人の話なのですが、

彼女は私のように本を読んだだけの【にわか知識】ではなく、

ちゃんとした子育て理論を真剣に学んでいて、

この前とても勉強になる話を教えてもらいました。

 

私はそれを聞いて、目から大きめの鱗が落ちた感じがしました。

けっこう大きめのやつね。

 

そして同時に、こう思いました。

『子育ては学問でもあるな。そういう意味で言うと私は、

子育てのことなんてちっとも知らないな。』

 

今まで割と、子育てに関しては親ができることなんてすごく限られていて、

本人に任せることが大部分、と思っていたのですが、

決してそんなことは無くて、

何をしてあげられるかを私が知らなかっただけなのだな、と。

 

彼女が何を教えてくれたかというと、

子供に新しい経験をさせてあげる、その効果的な方法。

我が家はもうすぐ、マザー牧場に遊びに行く予定で、

そこでイチゴ狩りをする予定です。

息子らはイチゴがそんなに好きなわけではないんだけど、

採るのが楽しいかな、と思って。初体験だし。

 

親が子供に新しい経験をさせてあげよう、新しい場所に連れて行ってあげよう、と思うと、

イチゴ狩りならイチゴ狩りに連れて行って、

「はい、コレ、イチゴ狩り。こうやって採るんだよ。美味しかったねー」

連れて行くだけで満足してそれで終わりの場合が多い。

それでは子供の記憶にも残らないし、有意義な初体験とは言えない。

 

例えばイチゴ狩りなら、行く前にスーパーでイチゴを買って、

一緒に食べて、『どんなふうに生えてくると思う?』と想像させて、

その上でイチゴ狩りへ行って、

『こんな風に地面から茎が生えて、葉っぱがあって、そんでイチゴが生えてくるんだね』

と一緒に実物を観察して採ってみて、食べて、美味しい、その作業に意味がある。

その場で、もしくは帰った後に、イチゴの絵を描かせてあげることでも、

またその学習過程が記憶されて、

【イチゴ狩り】という新しい経験がひとつ、子供の心にくっきりと刻み込まれるのだ、と。

ただ連れて行って、はいおしまい、ではあまり意味がないのだ、と。

 

いやぁ~、もうね、私はその話を聞いたとき、

とても感動しました。

私、それ、チョーやりたい!やる!と思いました。

 

実際に、新生児から子供と共に暮らして育てていくと、

子供の成長、学習過程を目の当たりにするわけですが、

いざ何かを教えようと思うと、ぜんぜんうまくできません。

だからだと思うのですが、私は最低限のことだけ教えて、

あとは自力でなんとかしてねー、くらい思っていました。

実際私もそうやって育ったような。

 

しかしね、【イチゴ狩り】ひとつをとっても

そんな風に丁寧に経験させてもらった子は、

知識というよりも、自分の生きる世界に対する理解が、

早く進むんじゃないかな、と思ったのです。

もちろん自力に任せても、それなりにちゃんとした大人には育つんでしょうが、

自然を含めた世界に対する理解が早く深く進むほど、

その中でどう生きるのか、を考えることに、より時間と労力を使えるし、

より良い選択に辿り着きやすいんじゃないかと。

そういう初体験を体系立ててあげることで、

『考える力』というのが醸成されるんではなかろうか、とか。

 

世界は広く美しいということとか、

偉大なのは自然なのであるとか、

あなたの可能性は無限大なのであるとか、

フルーツは美味しいのであるとか、

そういうことをできる限り教えてあげて、

彼らの可能性を最大限に延ばして、人生を謳歌して欲しい。

 

もちろん以前から思っていたことですが、

この【イチゴ狩りへ連れて行く方法】を教えてもらった時、

目の前の霧がパッと晴れたというか、

それまで曖昧だったものが鮮明に見えた気がしました。

 

そしてこれも思った。

 

子育てって、私が思っていたよりも

もっともっと楽しいのかもしれない。

 

もうね、仙台から帰ってすぐイチゴを買いましたよ。

念押しで、マザー牧場前日も。

 

もっともっと、教えてもらおう。

ちなみにその友人は、彼女です。

子育ては学ぶことでラクになり楽しくなる 正解はないけど、子育ては学ぶことがたくさん
私が学んだことを少しずつ紹介していきます これは私個人が学んだこと 正解ではないので悪しからず

またウロコが落ちたら、都度ご報告します。

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけると、ポイントが入ります。

そのポイントでランキングが上がる仕組みです。

日陰もんの身ですが。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

RECOMMEND