Sponsored

 

いま私が働いている会社には、子供のいる女性社員が大体12人ほどいるでしょうか。(正確には知りません)

 

いろんな部署で、いろんな働き方をしていると思います。

仲の良い人が数人、それ以外の人は顔と名前を知っている程度の人、話したことすらない人も。

 

既に子供が高校生や大学生の人もいれば、まだ我が家のように保育園通いの世代もいます。

 

しかし気づいたら、私以外の人はみな、子供がひとりでした。

 

まだこれからふたり目、という世代はいるものの、

ふたり以上子供のいる家庭って、やっぱり世の中的に少ないんだな…と。

 

↑最近ふたりともチョロチョロチョロチョロして、ふたり一緒にフレーム内に収めるのが難しくなってきた…



 

そしておそらく、多くの女性が子供を欲しいとは思っていて、

でもふたり以上産む女性が少ないというのが現状で、

それにはやっぱりそれなりの理由があると思うんです。

 

実際ふたり育ててみると、それは決して2倍の労力ではなくて、健康な子なら、せいぜい1.5倍くらい?

それなのにひとりっ子が多いのには、やっぱり理由があるような気がするんです。

 

そしてそれはおそらく、いわゆる【少子化の原因】なんだと思うんです。

 

 

これから書く、『私が思う、ふたり以上産む女性が少ない理由』は、

あくまで私の回りの女性に関して思うことであって、世の中全般とはまた違うと思います。

私が思う【子供ひとり】が多い理由① 母親に求められる基準が高い

日本で20年、30年、女として生きていると、

『母親とはこうあるべし』というあるべき母親像なるものの、なんとなくのイメージを持ちます。

 

その『あるべき母親像』は、

自分の母親や、社会の中での女性や母親、父親、テレビなどで見聞きした情報から、作られます。

 

その『あるべき母親像』の基準が、ちと高すぎるのかもしれません。

ましてや働きながら子供を育てている女性たちの

『頑張りぶり』『できる女ぶり』に、若干怖気づいたり。

 

でもやっぱり子供が欲しいっ!と出産に踏み切ったものの、

やっぱりその『あるべき母親像』の『あるべき大変ぶり』に自らを追い込み、

結果、『ふたり目はやっぱしムリゲー…』となるのではないか、と。

 

私の思う【子供ひとり】が多い理由② ふたり以上産む、いや子供を産むメリットが少ない

うん、そして、

子供を産むデメリットのほうが大きいから、ですね。

 

やっぱり子供欲しいっ!と意を決して産んでみて、

そして仕事に復帰してみると、

 

『自分で決めて、好きで子供産んだんでしょ?

だったら自己責任で頑張らないとだよね?』

 

といろんなところで言われ、

自分でも

 

『そうだよな、子供を持つと決めたのは私だもんな、

じゃ、私が頑張って当たり前か…』

 

といろんな種類のデメリットに襲われ、

 

『ふたり目に行くかどうかも、自己責任よね…やっぱしムリかなぁ…』

 

と諦める人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

私のように、特別な理由でふたり持ちたかった人、

運良く協力的なサポートが継続的に得られる人は

ふたり目、そして3人目、へ踏み切るのではないのか。

 

世の中的には、他にもいろいろな理由が絡み合って少子化大国ニッポン、なのだと思いますが、

私も回りのママさんたちを見ていて思ったこと、でした。

 

子育ては3人目からが本番、とどこかで聞いたことがあり、

言われてみると確かにそうなのかもしれない…と、ふたりで打ち止めの私は思いました。

 

そうだな…あと5歳若くて、

回りに3人以上育てながら仕事している女性が多かったら、

私も特に考えもせず3人目行っていたかもしれません。

 

それでも3人、4人と育てながら仕事している人はいるわけで、

すごいよなぁ…

以外の言葉が思い浮かびません。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND