スポンサードリンク

 

我が家は、息子が2人です。

女の子が欲しかったけど2回とも男の子でした。

でももちろん、ふたりとも死ぬほどカワイイです。

 

多分、妊娠や出産、そして子育て、想像以上に大変だったそれらがマジで大変だったからこそ、
余計にカワイイというか、可愛さに重みが加わっているように思います。

息子ふたりはそれぞれ性格もまったく違うのですが、

教えてもいないのに車や長い棒や銃、ロボットといった玩具が好きです。

photo by wonder-world

 

長男は食べることが好きすぎておままごとも好きですが、
それでもやっぱり最後は『棒』に引きつけられています。
ぬいぐるみには見向きもしないし、着る服にもあまり興味がありません。

男の子を育てる前は、性別による好みは後天的なものだと思っていました。

でも実際育ててみると、どう考えても先天的に思えます。

【持って生まれたもの】な気がします。


動物は、生き延びるために有利なものを進化の過程で学び、

それをDNAに記憶して次代へ引き継ぐと言われています。

 

だから渡り鳥は教えられなくても、どの季節にどこへ行けばエサがあるか知っているし、
あんなにたくさんのセミは、みんな同じ時期に土から出てきて鳴き始めます。

 

そして人間も、他の動物と同じようにDNAに記録されたことに影響を受けているそうです。

 

そしてどの動物も、生きる環境や時代に合わせて、DNAに記録する情報をアップデートしています。

『時代に合わせて変化、順応できるものが生き残る』

種の起源で有名なダーウィンがそう言ったとか、言わないとか。

もちろん人間も、時代や環境に合わせてアップデートしています。

しかし、人間の住む環境の変化のスピードに、

DNA情報のアップデートは追いつかないようです。

 

人類が生まれてウン百万年。

人間がスマートフォンを使い、女性も男性と同じようにお金(食べ物)を得られる時代は、

その中のほんの数百年の話です。

 

つまりいまの私たちは、

石器時代(縄文時代)から受け継がれたDNA情報に影響されていると言われています。

 

は???

縄文時代?

ピンとこねー…と思うでしょ?

 

石器時代は、約200万年前~紀元前3500年ころまで続いた時代です。
うーん・・・つまり、200万年の間、親から子へ、
『こういう風に生きたほうが良い』という情報が受け継がれたんですね。

 

石器時代、男は狩へ行き、その間女は村で子供を世話しながら待っていました。

男は獲物が現れるはずの茂みで5日間待ち伏せします。

その間何をしているかというと、お互いの持つ武器が格好良いとか、

俺のほうが武器が長いとか、そういう話をしています。

それで5日間待てます。

獲物と格闘して、怪我をする者も、死んでしまう者もいます。

その間女は、近場で木の実や果物や魚を採り、子供や老人たちを世話します。

村を清潔に保ち、身の回りのものをメンテナンスします。

 

男たちは5日ぶりに獲物を持って、村に帰ります。

その時代の情報=本能が、いまの私たちに影響しているそうです。

気のせいかもしれませんが、私は日常的に実感します。

 

旦那を見て、

あぁこの人は確かに、くだらない話と遊びをしながら

5日間獲物を待つなんて朝飯前だろうな。。

とか

息子を見て、

あぁこの子は、人よりもより長い棒を探すためだけに何日も費やせるだろうな。。

とか。

 

自分を考えるとやっぱり、

どれだけの大きさかもわからない5日後の獲物より、

日々の空腹を満たす栄養価の高い食べ物や、明日の着替えのための洗濯に

どうしても気が行ってしまいます。

 

あなたはどうですか?

 

こんなことを知っても、今の悩みに対しては何の解決にもならないけど、
ちょっとした助けにはなりませんか?

少なくとも私は、少ーしだけ、ほんの少ーしだけ

諦めがつきました。

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND