どうやって【飲まずに】乗り切っているんですか?

 

こんにちは。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

40年近く生きてきました。

大人になって、辛いこと、たくさんありました。

 

社会のことが何もわからず、バカでしかなかった20代前半。

天狗になったり、鼻をへし折られたりを繰り返した20代。

まだ若いつもりが抜けなかった30代前半。

 

30代後半になってやっと、

身の程がわかった、というか。

ありのままの自分と、社会との付き合い方がしっくりきた、というか。

社会って、仕事って、大変です。

徹夜が続いた時期もあったし、回りに認められない時期もあったし。

 

でもね、

飲まなきゃやってらんない

という時期は、なかったんですよね。

どんなに仕事が大変でも、

お酒を飲まなきゃやってらんない

と思ったことはありませんでした。

しかし、私が唯一

飲まなきゃやってらんない

というか

飲まないと精神的バランスを保てない

と思ったのは


育休中

でした。

 

育休を取ったことのない人にはわからない、

なんとも言えない

不安感とストレス。

 

母乳もあまり出なかったので、

ひとり目のときは生後4ヶ月くらいで混合⇒完全ミルクに切り替え、

ふたり目のときも生後1ヶ月くらいでミルクにしてしまいました。

そして、週2日は飲んでいました。

1週間がんばって、週末に飲んで、リセット

それでなんとか精神的にバランスを保っていた感じ。

photo by Sarah Vinski

 

つぶれるほどは飲まないけど、

いい気分になるほどは飲まないと、

リセットできませんでした。

なにって要は、

夫以外の大人と会話をしないこと

それが一番の問題だったと思います。

 

児童館などで他のママさんと話す機会があると、

いかに自分が普通の会話に飢えていたか、がわかりました。

 

お酒を飲まなきゃやってられない、ってつまり、

いまの現実を忘れたい、現実から逃れることの

疑似体験なわけです。

つまり、育休中の、子供が常に一緒にいて、

大人と一切会話をしない毎日は、

逃げたいけど逃げられない現実

なわけです。

子育て中って、本来もう少し

幸せな時間であるべきだよな・・・とは思うんですが。

平日は夫も朝以外会わないし、

ホント、社会と断絶した生活が、いかに心に悪いか、を体感しました。

なんかうまい仕組み、ないもんかね。。

しかしお酒を飲まない人は

一体どうやって乗り切ったのか、

私にはすっごく不思議なんです。

あなたはどおでした??

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

コメント一覧
  1. よっちゃん より:

    私はお酒を普段から飲まないので、飲まなきゃやってられない。はなかったですが、
    昼間の児童館や、少しお友達が出来てからの、周りの人との他愛ないお話が本当リフレッシュでした~!
    まだ、子供が全然小さくて、本当まったく子供に話しかけることしかしてない日々で、たまに誰かとお話しすると、会話がうまくできないことがあり、ちょっとショックでした。
    話したいことがあるのに、うまく言葉をつなげなかったり、変に話しすぎてしまったり。。
    今思い返すと、話し方を忘れた感じですかね。

  2. みゆき より:

    よっちゃん、だよね~、なんか話そうと思ってもうまく話せなかったりしたなぁ・・・
    でも、おしゃべりだけでよく大丈夫だったね・・・
    それだけじゃ足りないのは、私だけなのかしら・・・

  3. ようこ より:

    二人とも一歳を待たずして復帰したので、休養だーど思ってダラダラと過ごしていました
    私の場合、精神的に不安になるのは、ホルモンのせいで二ヶ月ぐらいでおさまりました。
    二人目の時は、育休をとってる仲間が保育園に何人もいたのでながーいランチをしてました窶シ
    同じワーママで、環境も似ているので、今でも仲良しですよ
    特に何でも聞ける先輩ママがいるおかげで、4月から小学生なのでこの先も何かと心強いです。

  4. みゆき より:

    やはりみんな、同じママさんとのおしゃべりや共にすごす時間が癒しだったりするんですよね。
    私ももちろんママさんと楽しく過ごすんですが、
    なんかそれでは足りず、1週間のストレスをお酒で晴らすというか。。
    (泥酔するほどは飲みませんが)
    いずれにしても、ママ友は心強いのは、確かですよね。

コメントを残す

子供/子育ての関連記事

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND