理解できないタイプの子供の育て方 『応援』の威力

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

6歳と3歳の息子ふたりを育てています。

 

何の本で読んだのか忘れてしまったのですが(←またテキトー)

運動神経や背格好、知能よりももっと遺伝率の高いのが、

『気質』

だとか。

 

誰からどう遺伝するかがランダムなので、

(母親/父親/祖父母など)

遺伝と定義することは無意味なのかもしれませんが、

 

長男は、私と気質が似ているといつも感じます。

何を考えているかわかるし、

どう言えばいちばん響くのかがわかります。

 

一方の次男。

 

さっぱり、

 

さっっっっっぱりわかりましぇん。

 

私にとってはふたりしか比較対象がいないのですが、

次男のほうが頭や体のつくりが小さく、

肌が薄い(?)せいか、色素も薄いせいか、

とにかく『小さき者の愛い』感じが、あるのです。

 

もうブチュブチューッとして、

ギューッとして、

食べちゃいたいのです。

 

長男はガシッとしてるし、固いしデカイし、

そんな感じないのですが。

 

でも、でも!

 

言動が、すっごく不可解!

 

そして、ムカつく!(笑)

 

『私が理解できない人間ナンバーワン』

栄えある称号を授けた我が夫は、

 

そんな次男のことが、よく理解できるそうで、

この度次男に効果的な方法が見つかりました。

 

それは、

 

応援。

は?

 

って方法なんです、私にしたら。

 

でも何度やっても、効果があります。

 

ただいまおそらく最後のツメのトイトレ。

テレビを見ているときに促しても、行きゃ~しませんね。

そんで、漏らすわけです。

できるのに、やらない、の時期。

 

そこで応援してみると。

 

「ホラ、次男クン、トイレ行こ。

ガンバレ!ガンバレ!次男クン、ガンバレ!」

 

誇らしげな顔をしてトイレに駆け込み、

普通に用を足します。

 

この時期になるともはや、トイトレも心理戦ですよね。

 

トイレめんどくさい

でも行かなきゃ

トイレは行くもの

 

という人間界のルールを刷り込んでいるわけですからね。

 

たまたまその時、使い切ったトイレットペーパーの芯が残っていたので、

なんとなく、

用を足す次男の目の前で、

その芯を口に当ててメガホンのようにして、

 

「ガンバレ!ガンバレ!」

 

とやったら、

 

狂喜乱舞。

 

キャ~ッハ~ッ!!!

と叫びながらオシッコしとりました。

 

意味が分からん。

 

それはつまり、

私が、

例えばやりたくないけども洗濯物を畳まなきゃいけなくて、

 

「ママ!ガンバレ!ガンバレ!」

 

と応援されるようなもの?

 

「うるさい。」

 

ってなるんですよね、私なら。

 

だったら、畳まなきゃいけない理由を説明して欲しいタイプです、私は。

 

でもそれを夫に言うと、

 

「メンドクセ~ッ!ヒーッ!メンドクセッ!」

 

と言います。

 

いや~、いろんな人がいます。

あと、次男にもう長年効果がある方法が、

 

「10!9!8!7!・・・」

 

カウントダウン方式。

 

歯磨き

お風呂

トイレ

着替え

着席(ご飯の時など)

 

なんでも、「さぁやるよ。」っていうこと、

言われた通り、言われたタイミングでやることがとにかく無条件に嫌な次男。

 

カウントダウンすると、

喜々としてやります。

 

もうかれこれ1年以上、効果がある方法です。

 

同じことを長男にやっても、

 

「それやめて!」

 

と怒ります。

うん、私も同じ反応すると思う。

理由教えてくれたらやるから、って感じ。

 

次男に関してはホント私わからないことが多いので、

基本的には夫に任せるのですが、

先日夫にいない夜

またキレちゃった・・・

 

例の如く寝る間際に子供らがケンカして、

ふたりとも頭に血が上ってつかみ合いになりそうなところを

姉が(また来てくれてた)止めに入って、

 

そしたら長男が姉に生意気な口をきいて、

姉がブチギレて、

 

「NO!

You don't talk to me like that!

That's NO! I said No!」

 

と言われ長男がふてくされ(訳さなくても意味が通じたらしい!)、

 

次男はヘラヘラしてもうなに?

 

カオス?

 

そのまま姉は帰り、

空気は最悪。

 

なんとか長男を落ち着かせて、

ふたりともいつもの通り寝る前にお茶を飲んで

ベッドに行って、

 

長男はまだしゃくりあげながら少し泣いていて、

慰めながら寝ようという時に、

 

「お茶~、なんか飲みたい~」(次男)

 

プッチーン・・・

 

「あ゛ー!!!

うーるーさーいー!!!

さっき飲んだだろーがー!!!

なんだよもうふたりともさー!!!

もうママはいやだよー!!!つかれたよー!!!

もう!!!やだー!!!」

 

と真っ暗な寝室で声の限り叫んでしまいました。あーあ・・・

 

神妙な顔で黙る長男、

小さく泣く次男、

自己嫌悪の私。

 

あー…もー…アタシ子育て向いてない…

 

気を落ち着かせて、

それぞれの体に触れながら

静かに教え諭すも、

 

嗚呼‥この、キレた後に優しくなるって、

虐待のパターン…

ダメなやつじゃ~ん…

 

随分辛抱強くなったつもりでいましたが、

まだまだまだまだ足りましぇん。フエ~ン・・・

ダメダメです~

 

子どもとのコミュニケーション

子どものいる暮らし。

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND