飲まないと話せないことってあるけど、なんだろうね。非日常にうっとしりたぜ

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

息子ふたりを育てながら共働きしております。

 

銀座へ飲みに行ってまいりました♡

夜の銀座で待ち合わせなんて、何年振りだったろうか。

ソニービルの辺りで待ち合わせだったのですが、

意味もなく外に座って、エルメスのビルを見上げたり、

行き交う人たちを眺めたり、

ひしめくお店の看板を数えたりしました。

 

『自由』とかを肺に吸い込んだ感じ。

 

今回飲みに行ったお相手は、

銀座にとても詳しい方でした。

一見さんは行かない、メニューがないようなお店に連れて行っていただき、

仕立ての良いお着物を着た方々の世界で、

美味しいお食事とお酒をいただきました。

 

ママ友と言うか、仕事仲間と言うか、

お客さんと言うか、同士というか、

とにかく、出会えたことに感謝している女性と、

初めてふたりきりで飲みました。

2軒目も行っちゃった♡

 

これまでだって、何度も何度も顔を合わせていました。

子連れの時もあり、

ふたりでランチもあり、

夫連れの時もあり、

公園だったり、

レストランだったり。

 

でもお互い、お酒の席だからこそ聞けた、話せた、

センシティブな内容がありました。

たとえふたりきりで話していても、

ランチでは話せない話って、ありません?

 

何についてであるかは、人によると思うのですが、

飲んでいないと話せないことって、あります。

 

いざ話してみると、

お酒の席なら『なんてことない』というか、

すんなり聞けて、

すんなり話せて、

笑えて、泣けて、噛み締められる。

なのになんで、お酒がないと話せないんだろう。

多分なんですが、

お酒である必要はきっとなくて、

たまたま『お酒』という共通の社会的なツールなのだと思うのです。

 

私たちは多分、

意識している以上に

普段いろんな『仮面』をかぶって暮らしているんだろうなって。

モラルであったり、礼儀とか、気遣いとか、常識とか、

大人がかぶっているべき仮面がいくつかあって、

何か共通の合図とか、きっかけとかがあれば、

 

「せーの!」

って一緒に仮面を脱げるような。

 

一方だけが仮面を脱いでもちぐはぐな空気になってしまうので、

「せーの!」

の合図がたまたま、

お酒という便利なツールなのかな、と思いました。

 

私と彼女が「せーの!」と仮面を脱いで話したことはたくさんありますが、

そのうちのひとつ。

 

私にとってはカワイイ子供のようなオンラインショップ『Neutral』

 

私「Neutralどお思う?」

 

「いいよ、すごくいい。

でもね、正直言っていい?

私ね、子供服を選ぶのが苦手と言うか、楽しめないと言うか、

じっくり選んでる時間があったら他のことがしたいんだよね。

でも質の良い服じゃないとイヤなの。

みゆきさんのお店の服は前にちょっと買ってみて、質が良いからもっと買いたいの。

でも選ぶのが嫌なの。

選んでくれたらまとめて買いたい。」

 

「え!?そうなの?

もっと早く言ってよ~!」

 

私としては、誰にだってたくさん買って欲しいけど、

押し売りはしたくないですし、

でもママたちの正直な声を反映させてもっと良いお店にしたい。

 

でもやっぱり、面と向かって批判されるのはコワイ。

 

彼女にしても友人として、選ぶのが面倒とは言いにくかったようで、

お互い仮面を脱いだからこその会話だったようです。

 

そんな彼女に、↓こんなプランを作ってみました。

『proposal_for (PDF)』

 

「A+B+F+Jで〇円ではどおですか?」

 

と提案させていただき、

 

「JとHを入れ替えてください~。」

 

という感じ。

 

でもこれ、やってみると意外に、良い案ではないかと思ったのです。

私は、自分で全ての商品を仕入れ、入力しているので、

全ての商品が頭に入っているわけです。

 

『これとこれを組み合わせたらカワイイ!』とかも当然、

いつも考えています。

 

しかし当然ですが、見ていただく方にとっては、

全ての商品を把握するなんて無理。

カテゴリーや説明で書いてもやっぱり限界がある。

 

自分で選ぶのが好きで楽しい、という方は今まで通りお好きに選んでいただければと思うのですが、

時間のない方、

選ぶのが負担と言う方のために、

コーディネート案というか、

組み合わせプランのようなもの、

今後作っていきたいと思っています。

話を戻しますが、

相手が誰であれ、

使うツールが何であれ、

 

「せーの!」と仮面を脱いで話してみることで、

見える世界、感じること、

あるよな、

 

そんな話でした。

 

当たり前なんですが、

みんな私と同じように、

私以上に、

いろんな経験をして、

それを血肉にしたり、

まだ噛み砕けずにそのまま抱えていたりしながら、

 

笑顔の仮面をつけて、

日々を生きているんですよね。

 

わかっていても、いざ聞くと、

 

「そっか~・・・」

 

しか言えないことって、あるんですよね。

 

そしていま、頻繁にお酒の席に行けないからこそ、

貴重な貴重な、仮面を脱ぐ時間。

 

さて、充電したので、また頑張るぞと。

 

銀座

☆とにかくお酒☆

美味しい食&ワイン時々日本酒!

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND