Sponsored

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

なんだか物騒なタイトルですみません。

今年の4月まで広告代理店で働いていましたが、その時の話です。

例えばお客さんが、こう言います。

「〇月〇日の〇〇雑誌の広告掲載しなきゃいけなくて、入稿お願いできますか?

無理なスケジュールだっていうことはわかってるんですが、なんとかお願いします。」

よくあることです。

社内の事情、偉い人の事情、マーケティング担当者と媒体社との話、いろんな背景があって、普通ならやらないような無理なスケジュールでの広告掲載の話。

まぁでも、それを言っている担当者の方の立場もあるし、もちろん『もっと早く言ってよ~』っていうのはお互い百も承知で、っていう話です。

それを受ける営業としては、『断るわけにもいかない』話です。

広告の掲載は、掲載日より前に広告データを媒体社に送る締め切り日があって、その日までに広告のデータを作るわけです。

手順としてはいろいろありますが、いずれにしてもデザイナーさんたちの協力を取り付けに行きます。

そんな時、デザイナーさんたちの反応は2種類に分かれます。


「あー、無理」

最初から無理を承知で言っているわけですが、取りつく島もなく却下する人。

一方、こういう人。

どうしたらできるか、何ならできるか、を考えて提案してくれる人。

広告代理店とは言っても外資系なのか、その会社なのかわかりませんが、ブラックなことは基本しません。

デザイナーさんが徹夜しさえすれば済む、特急料金もらってやる、ということはそもそもしない方針でした。

そんな中で、『できるか、できないか』ではなく『どうしたらできるか、どこまでならできるか』

その視点を持ってくれている人だと話が早かったです。

最初の「あー、無理」と言う人には、

「どうしたらできるか、を一緒に考えて欲しいんですけど」

と言って話を引き出していました。

 

男性の育休にしても、ワーママの夫たちにも、

そういう姿勢が欲しいんだよ、クソッタレが…という話です。

(口が汚くてスミマセン…)

「オレの職場は育休なんてとれない」

「みんな残業してるのにオレだけ早退なんてできない」

「出張も転勤も断ったら出世できない」

「仕事が多すぎて早く帰れない」

男女の賃金格差、メインは出産後の話。

出産前、もしくは出産しない女性たちの賃金や職場での待遇には、そこまで格差が大きくないと言います。

しかし女性が一旦出産してしまうと、そもそも両立できずに会社を辞めてパートタイムで働いたり、いわゆるマミートラックに追いやられたりして、その格差がエグイほど広がることに。

 

子育てしながらの仕事は、誰がやったってチョー大変です。

家事&子育ての負担を夫婦半々で負担したとしても、それでもなお大変なプロジェクトだと思います。

それなのに結果的に、妻ひとりがその大きな負担を背負ってヨロヨロ歩いていることに、行き場のない憤りを感じます。

「どうしたらできるのか」

それを考えているのは妻ばかり、な気がします。

そんな状況に、当の妻すら疑問を感じていなかったりすることにも、私は勝手に怒りを覚えます。(いちいち言いませんが)

『嫁が欲しい』と思っているのはみんな一緒

先日たまたま週末の1時間、どうしても用があって夫に子供らと晩御飯の支度を託して出かけました。

子供たちと約束したお土産を買って帰って、子供らはもうお風呂に入っていてご飯が用意されていて、

『天国か?』と思いました。

『なんて楽なんだろう』と。

子供の世話にコミットしてくれて、自分の帰る家をきれいに保ってくれて、ご飯を作って待っていてくれる、

『嗚呼…嫁が欲しい』

と心底思いました。

『お土産買って帰るだけって、超ラクチン』とも思いました。

これを毎日やるとしたら、『ラクしすぎていて申し訳ない』と私なら思うな、とも。

仕事は確かに大変なこともたくさんありますが、仕事なら働くママも同様にやっているわけですから。

 

例えば今の仕事で、昇進や出世も諦めずに、でも家事&子育ての負担を半分担いながら、生き生きと働くにはどうしたらいいか。

そう考え、創意工夫を凝らしてくれるパパがもっと増えたら、『綱渡りしながらジャグリング』なんていうムリゲーを強いられる女性も減るんじゃないか。

そしてそういう人の中の意識から徐々に、社会の状況って変わっていくものなんじゃないかって。

冒頭の広告代理店でも、若い世代の男性たちにその兆しを見ることはできましたが、もっと欲しいな、って、もちろんうちの夫の中にも、もっと。

 

『家のこと、子供の世話は女の仕事』

人の中に確かに存在するその固定観念が、クソッタレだっていう話でした。

【ワーキングマザー】が早く死語になればいい。

【working】も【mothering】も、本来もっと自然なことなはず。

 

にほんブログ村テーマ 共稼ぎ夫婦の子育てへ
共稼ぎ夫婦の子育て

にほんブログ村テーマ イクメンの子育てへ
イクメンの子育て

にほんブログ村テーマ 仕事術・ライフハックへ
仕事術・ライフハック

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. とら より:

    激しく共感。
    うちの場合、だいぶ改善されましたが、時々爆弾やられます。「いざというときは、やっぱり俺の仕事のほうが優先される」的な切り捨て発言…呆れと同時に沸き上がってくる怒り。ここまでならできるけど、という発言はあちらから自発的には出てきませんね~
    めげずにバトルし続けていくしかないのでしょうか。

    • みゆき より:

      とらさん、激しい共感、ありがとうございます!
      我が家もだいぶん改善してはいるんですが、やっぱり家のことと子育ては最終的に私というバックアップありきで考えている節が見受けられます。
      そして仕事は最後の最後はオレ優先でしょ?と思っている感があります。
      どこかでめげたら、こちらはそれでいいのだと思うのでしょうか。
      でも何も言わなくなったらやっぱり、態度から察することができない場合、それで良いのだと思いますよね、きっと。
      でもバトルするのも、ホント疲れますよね。。ウヌ~…

  2. さつこ より:

    うちの会社にもいます、バッサリ切る人。
    そもそもあなたの仕事であって、できるかどうかなんて聞いてないんですよ、と言いたくなることが多々あって、ついにこの間言ってしまいました。
    「あと2日しかないもん、無理だよ。」と言われたので、「で?どうするん?」と返してみましたが無言。
    代替え案なんて出てきませんでした。
    このくそったれが…(イラッ)ってなっちゃうこと、ありますあります。
    この人がシュレッダーした後はそこら中シュレッダーのゴミだらけ。
    上司からもらったお土産は平気で1ヶ月以上机の上に放置。
    物でも言葉でも、もらった後・使った後の始末が悪過ぎるんです。
    ちなみに専業主婦の奥様がいらっしゃるので、家での後始末は奥様がして下さってるんでしょうけれど、私は養ってもらってるわけじゃないので、そんな態度の人のフォローをしようなんて思えないんですよね。
    私達って、お金も稼いで、なおかつ家事と子育ての大半を担う…相当いい嫁ですよね。
    私もワーママと結婚したいです。

    • みゆき より:

      さつこさん、そうそう、会社にはよくいるタイプです。
      そしてそれに対して何も感じていない人です。
      クソッタレが…と思うこと、やっぱり私以外でもあるんですね。。

      そうなんですよね、家事と子育てもやって、仕事もして家計を負担して、私もワーママと結婚したいです。
      家事と子育てやってくれて、仕事もしてくれるなら、多少文句を言う妻でも御の字です。
      そういう妻が両立でヒーヒー言ってるのに、「オレはムリ」で済ませるなんて、ホントも~…クソッタレが…と。。

  3. 千晶 より:

    染みますー。

    夫が「仕事復帰後、出張はなるべく行かないで」といってきますが、
    「世の中のワーキングマザーはやっているんだから、あなたにもできる。」と言い返してます。
    「どうやってやってるんだろう」と呟いてました。
    どうしたら切り抜けられるかは、その時に一緒に考えますが。

    三人寄れば文殊の知恵というくらいですから、二人で考えると、思ってもいなかった事に気付けたりってありますよね。
    二人共、子育てのエースとして、一緒に考えて、
    手も動かして世話をして、を目指して頑張りたいと思ってます。(現実は育休により、私のリードが大きくなってきて焦ってますが。。)

    • みゆき より:

      千晶さん、染みますかww?
      「出張はなるべく行かないで」って小さい子供がいるパパ、ママはみんな思ってることでしょうね。
      子供が何歳であれワンオペってできるけど、やっぱりすごく大変ですよね。
      でも千晶さんは、切り抜け方を一緒に考えるだけ良いですよね。
      世のパパたちは「いってきまーす」と行くだけですからね…
      そうですね、日々の子供の世話であっても、都度都度「どうやってここを切り抜けるか」という創意工夫が求められますね。
      そんな時はおっしゃるとおり、ふたりで一緒に考えたほうがラクですし、子育てってホントひとりで切り抜けるものじゃないですよね。

コメントを残す

RECOMMEND