おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

先日私が『嫌な場面』を見てしまった公園で、今度は良いものを見ました。

 

それは、外国人の男性ふたりでした。

 

公園で海外の方を見るのは珍しくありませんが、

その男性ふたりは、ご友人でしょうか。

ふたりともそれぞれ、ベビーカーと小さなお子さんを連れて、公園で子供を遊ばせ、

しばらくするとふたり並んでベビーカーを押して公園を出て行きました。

 

こういう光景、実は珍しくありませんか?

女性(ママ)ふたりが、それぞれの子供を連れて遊ぶ、歩くことは珍しくありませんが、

男性(パパ)はあまり見かけません。

 

公園で遊ぶパパはもはや、珍しくありません。

そこにママの姿はあったり、なかったり。

パパひとりで子供を連れている人も、よく見るようになりました。

 

パパひとりで子供を病院に連れて行く人も、

パパひとりで子供とスーパーで買い物をする人も、

よく見かけるようになりました。

うちの夫も、よくやることです。

 

じゃあそれが、男性(パパ)の【育児参加】のゴールかと言うと、まだまだ先があるんだぞ、という話です。

もう何の本で読んだのかも忘れてしまったのですが、確か本で読んだ話です。

『大人の世界』『子供の世界』というのが、あります。

 

『大人の世界』とは、

仕事や、

デパートなどの大人のための買い物、

友人と会うこと、

主に大人のための娯楽(映画や美術館、喫茶店での時間など)、

という感じでしょうか。

 

『子供の世界』は、

いわゆる子供中心の場所、時間です。

 

子供を持つパパ、ママは、その『大人の世界』『子供の世界』を行き来したり、

境界線を曖昧にしたりします。

 

そして女性(ママ)は、『大人の世界』『子供の世界』を、

子供を連れて行き来するのに対して、

 

日本人男性(パパ)は、『大人の世界』に子供を連れて行くことはあまりない、

と言われています。

 

自分が『子供の世界』へ入ってくることは、もう当然として受け入れている男性が多い中、

自分の『大人の世界』へ子供を連れて行くことは、まだ習慣にないというか、

思いつきもしないというか。

対してヨーロッパでは、パパが自分の友人に会いに行くのに子供を連れて行ったり、

喫茶店でひとりお茶をするパパの隣に子供がいたり、

自分の買い物に子供を同行させたり、ということが日常だそうです。

 

日本で例えばパパの用事に子供が同行する場合、そこには大抵の場合、ママもいると。

対してママの用事には、子供だけが同行していることが日常的にあると。

 

その違いは、微妙なようで大きいと。

 

『なるほどね』

と思っていたので、公園でその光景を見た時に、

 

「ほほ~ぅ・・・」

 

と思い、遠くからチラチラ拝見しました。

 

いやね、たとえばうちの夫も、いまなら次男ひとり連れて、ひとりで秋葉原の家電量販店(←夫の大好きな場所)へ行くと思いますが、

長男が赤ちゃんのころにそれができたかと言うと、それはやはり、できなかったわけで。

それこそ、日本の現状かな、と。

 

パパが育児をする(←『参加する』ではない)ことが普通である国では、

ひとり目の子が赤ちゃんのときに、

パパがひとりで『大人の世界』へ、子供を一緒に連れて行くことになるんですよね。

 

なんとなくのイメージですが、

石畳の屋外のカフェでコーヒーを飲む男性の横に、ベビーカーで寝る赤ちゃん、みたいな?

ヨーロッパを美化しすぎですかねwww

 

いま思うと懐かしいです。

 

長男が生後半年ころだったか。

始めて夫ひとりに預けて私が外出したこと。

どこへ行って何時間不在にしていたかも忘れてしまいましたが、確か1、2時間だったはず。

 

預けられるほうもオタオタしていましたが、

預ける私もなんだかオタオタしました。

 

帰ると、泣く長男を抱っこする夫が待っていて、

「もうずっと泣いてたよ~」

と言っていたこと。

 

私自身も、彼ひとりに預けることを不安に感じていたこと。

 

お互い待ちきれなかったかのように、

泣く長男を私の腕の中に戻したこと。

 

ゆっくりかもしれませんが、パパが子供を連れて『大人の世界』へ行くことは、自然と普通になって行く流れのようにも思います。

 

最近では、パパとお揃いやリンクコーデされた子供服、というコンセプトも見るようになりました。

ZARAでも少し前に『Daddy & Me』というシリーズを見ましたし、

私のお店『Neutral』で扱っている『Me & Henry』というブランドも、

『Him & Henry』という成人男性向けラインを作り始めました。

 

 

ファッションとか映画とか、テレビCMとかドラマとか漫画とか、

社会を作る要素の中でそういうものが占める割合って結構高いと思うので、

『男性×子供』という組み合わせがたくさん登場するだけで、

それだけで少しずつ流れって変わると思うので、良き事かと。

 

今日も長くなってしまいました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村テーマ パパの育児へ
パパの育児

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    洋服もひとつですが、
    日本人は子供も大人もテレビの影響が一番大きいです。
    テレビでもだいたいそうだよね=常識です。

    若い層はテレビ離れが出ていますが30代以降と高校生くらいまではテレビの価値観にどっぷりですね。
    洋服よりも、子供に見せるテレビ番組こそ選ばなければと思います。
    色のイメージにしてもアニメが元なので洋服でいくら頑張っても…(特に女の子)

    ヨーロッパのような男性の子連れの図も、イケメン俳優がドラマやバラエティで度々みせてやれば日本人はイチコロです…。
    子供にはディズニープリンセスや仮面ライダー系、ハナカッパ、くれよんしんちゃんは見せませんがみゆきさんはどうですか?みせていますか?

    • みゆき より:

      たーしーかーにー。
      テレビの影響はすごく大きいと思います。
      ひと昔前のテレビなんてひどいものもずいぶんたくさんありましたよね。
      アレとか、アレとか・・・

      我が家はそうですね、ディズニープリンセスは最近のものだと王子様に頼らないお姫様系も出てきていますし、もう保育園で見ています。
      仮面ライダーも少しずつですが頑張っているのは、なんとなく見て取れますが。
      とはいえやっぱり好きなのでそれらは見ていますね。
      既にあるものを規制するのはなかなか難しいところですが、おっしゃる通り確かにテレビこそ気をつけないといけないですよね。

  2. メグ より:

    おはようございます。
    外国では、パパが普通の感覚で子供を連れて自分の事もしているのですね。
    日本では、まだまだその感覚は少ないようですね。

    • みゆき より:

      メグさん、おはようございます!
      日本以外のすべての国の男性たちが子育てを自分事としているか、と言われると違うかもしれませんが、
      日本より進んでいる国はたくさんありますよね。
      まだまだこれからです。

  3. 匿名 より:

    テレビが嫌いと書かれていたのでテレビにも気をつける方だと思ったのですが、保育園で見せられてしまうんですね。それはそれはご愁傷様です…。うちの園もテレビを見せてないか再度確認します。

    仮面ライダー系って男性社会の縮図みたいに見えませんか??これずっと聞いてみたかったんです!
    女性キャラはサブ役割しか担わないですし事を決めて進めていくのはほとんど男性。子供の頃から毎週末そんなストーリーを見ていたら男の子の頭の中がそうなって当然だろってイライラしてきます。
    ディズニープリンセスは、そうですね、意志の強いキャラクターが出てきましたね。でも女たるもの美しくある価値観とあの表情は男の子にも女の子にも染み付いてしまい、ヒールやメイクに苦しむ女性はまだまだ減りそうにありませんね。
    うちは女の子がいるのですがみゆきさんの販売する中にはまだ我が子に似合うものがなく心待ちにしています。

コメントを残す

世の中のことの関連記事

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND