Sponsored

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

先週末の私が幸せを感じた瞬間を忘れたくなくて、書き留めてみます。

家族4人で近所の公園へ行って帰ってきて、次男がお昼寝していたので、

長男と私で先にお風呂に入りました。

お風呂から出ると、夫はリビングで床に座って本を読んでいました。

お風呂から上がった長男がパジャマを持ってリビングへ出ていき、

パンツ→パジャマを着ながら、本を読んでいるパパに気づき、にじり寄ります。

文字に興味が出てきた5歳児。

パパの読む文庫本に覆いかぶさるようにして、平仮名だけを声に出してゆっくり読みます。

その間パパは、微笑みながらされるがままにして、キッチンにいる私と目が合って、

その状況にふたりで「ははははは」と笑いました。

人が人と、目を合わせて笑うって、とても基本的なことで、大切なことだな、と思いました。

普段ディスってばかりの夫ですが、結婚当初、出会った当初から比べて、

すごくすごく、すごーく変わりました。変わってくれました。


ケンカして話し合って、離婚を突き付けて、またケンカして、険悪になって仲直りして、

飽きずに繰り返してきました。

夫はとにかくシンプルで素直な人です。

シンプル過ぎるが故に、私の理解の範疇を超える言動があり、私がキレる、という展開が多いと思います。

 

「ママすぐ怒るんだもん」

 

とよく言っていますw

 

例えば同じ先週末、夜勤の後の週末だったので、夜寝ていても昼間に眠気が出る夫。

児童館にいる時にこう言いました。

 

「チョー眠いんだけど、先帰ってていい?」

 

・・・いやいや、ダメに決まってるだろ。

子供ふたり残してひとりで家に帰るということが、どれほどのことがわかって言っているのか?

病気ならわかるけども眠気だし、もう夜勤はないのだからどちらにしろ昼型に戻すわけだし、

なんでそんな発言しちゃうかな(怒)

それによって私が苦労することとかも、なんとも思っちゃいないんだな(悲)

 

と頭に浮かぶわけですが、彼にしたらそこまでは考えていないんですよね。

『眠いな、帰りたいな』

と頭に浮かんだから、「帰ってていい?」と聞いてみた、ただそれだけなんです。

 

その思考パターン&行動パターンは変えられないので、だからこじれる、ということが多かったと思います。

 

いまはそれはわかっているので、

 

「帰っちゃダメに決まってるでしょ」

と言い、

「やっぱダメか」

となるだけです。

しかしその底抜けの素直さが、予想外に事態を好転させていることも、わかってきました。

例えば彼、スマホのメモ帳に、たしか『ママ』というタイトルのメモがあります。

それは、『妻(私)のトリセツ』です。

 

実物を見たわけではないので正確ではないですが、例えばこんな内容だと思います。

 

  • 『めんどくせー女』と言わない
  • ご飯を作ってもらったら『ありがとう、ごちそうさま』を言う
  • わざとじゃないミスはあまり責めない

 

何かを私と話した後に、

「また忘れちゃうからメモしとかなきゃ」

と言ってスマホを取り出しメモし始めた時、この『妻のトリセツ』があることを知りました。

 

そういえば確かに、以前は頻繁に言われていた『めんどくせー女』という大嫌いなフレーズ、このところ全く聞かなくなりました。

 

そんなパパの誕生日を、週末に家族で祝いました。

お互い年を取りました。

彼も相当変わりましたが、私も相当変わったと思います。

今はこんな感じの私も、結婚前はなんというか、のうのうと生きていたタイプなので、

『尽くす女がイケテル』みたいな考えもあったし、

『お金のことは男性に任せちゃいたい~』なんて思っていたし、

我ながら今とは別人です。

 

結婚して、子供を産んで初めて、

「あれ?なんかおかしいぞ?」

と気づくのが遅かったタイプでもあります。

 

お互い母になり、父になり、ま、変わるのが当然ちゃ当然ですね。

最近子供たちは、公園へ行くとパパと遊ぶことを好みます。

サッカーボールを蹴って転げまわり、虫を捕まえていじくりまわし、ストライダーやキックボードをパパに教わりながら泥んこになって遊んでいます。

私が言うのも偉そうですが、最近特に、急にパパっぽさに磨きがかかってきたと感じました。

まだまだこれからも、犬も食わないケンカをするはずですが、とりあえずボチボチ、やっていきます。

私にとってはおそらくこのブログが、『夫のトリセツ』も兼ねています。

 

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

コメント一覧
  1. まめ より:

    記事を読んで、ふと我に返り、胸がチクッと痛みました。
    私の2年生の長男、去年の担任からも今年の担任からも、「長男くんにも苦手と思われるクラスメイトはいるのですが、それでもちゃんとその子の良いところを見つけて、認めようとする姿勢が本当に素晴らしいです。」
    と面談で言われました。
    そんな長男を誇らしく思うと同時に、毎々人の(ええ、主に主人です。笑)嫌だなと思うところばかり目が行ってしまって、イライラして、自己嫌悪に陥ってる自分を思い知らされました。
    ……という出来事を思い出しました。(←忘れてたという…苦笑)
    みゆきさんも、きちんとご主人の素晴らしいところを認めて歩み寄ろうとしているのがブログでもとてもよくわかります。
    そしてご主人も!
    きちんとメモメモするなんて…これも、ご主人なりの愛の証だと思います(^^)

    • みゆき より:

      まめさん、コメントありがとうございます。
      特に配偶者って、毎日毎日、雨の日も風の日も、機嫌のいい日も体調の悪い日も、いつもいつもそこにいて目に入るので、
      どうしたって悪いところが目に付くんですよね。
      それはきっとお互い様で。
      でもこれ、ブログにしてもメモにしても、書き出すということが意外にミソかもしれません。
      脳内だけだと、ほかのことで忙しいし、良いところに目を向けようと思っても悪いところが逆に先に思い立つ日だってあるし、
      でも書ける時に書き出しておくだけで、後から見返すこともできるし、書くだけで記憶に定着するということもありますし。

      いずれにしてもお互い、歩み寄りは難しく、修行の一環なのだということですよねww
      書きでもしないともはや不可能っていう・・・
      まめさんだって、自己嫌悪に陥っている時点で、すでに歩み寄っているのだと思いますよ。

  2. miminosuke31 より:

    取説って大事だよね〜
    それも自分が作った取説ね。
    他の人が作った取説は何か違うってなる気がする。
    人によって見ている世界が全然違うから感じ方も全然違う。
    要は気になるポイントが違うんだよね。
    自分が思ってる普通が相手の普通ではない。
    全てをわかるのは無理だけど、自分の知らない世界をみんな持ってるってすごいことだと最近思う。

    • みゆき より:

      miminosuke31さん、そうなのそうなの。
      自分が作ったトリセツ、というところが大事ですよね。
      人から押しつけられたトリセツではなくて、自分の目、フィルターを通したもの。

      自分の知らない世界を持っているのは息子も夫も同じなのに、なんでこうも息子の世界は光輝いて見えて、
      夫のはそうでもないように思えるんだろうかwww

コメントを残す

夫のことの関連記事

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND