年に一回もない、嬉しい予想外。

 

おはようございます。みゆきです。

7歳と5歳の息子ふたりを育てています。

 

週末に本が読めるようになってきて、嬉しいです。

テレビを見たり、ふたりで遊んだり喧嘩したりしている横で、

ゴロンとして本が読めるようになってきました。

 

まだまだ途中で何度も遮られますが、

(喧嘩の仲裁とか、喧嘩の仲裁とか喧嘩の仲裁とかで)

とはいえ読めるは読める。

 

あー・・・大きくなった。

 

予備知識無く読んだ本だったんですよ。

でもタイトルからは、少し難しそうな感じなのかなと予想していました。

難しそうと言うのは、

物語としてさほど大きく『展開』はせず、

詳細を細かく描写していくタイプ。

それはそれですごく好きなタイプなのですが、

没頭するのは物語ではなく言葉運び。

少し集中力がいるタイプ?

こういうのは、子供の横で読むよりもひとり静かに読まないと

楽しめないかなと思ったんです。

 

違った。

全然違いました。

嬉しい予想外。

created by Rinker
講談社
¥51 (2021/08/05 14:59:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

私なんぞが評するのはおこがましいんですが、

物語の展開もありつつも、詳細をチクチクと突き回すタイプ。

すごく好みです。

 

分厚いな~、さぁ読むぞ~・・・

と思って読み始めたんですが、

あら不思議。

1日ほどで一気読みしました。

 

あー、面白かった。ごちそうさまでした。

このタイプの嬉しい予想外、大好き。

 

タイトルや、表紙からは私は想像がつきませんでした。

(背表紙の説明はあえて読まないタイプです。)

 

不気味なのに怖くない。

何を書いてもネタバレだから書きません!

でもきっと楽しいと思う。

 

もう1冊、同じような嬉しい予想外を感じたのがこれでした。

読んだのは少し前だけど、いまだにその衝撃は覚えています。

created by Rinker
¥781 (2021/08/05 14:59:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

わかった。

多分どちらも、思っていたよりもスケールや規模感の大きな話だったところが

いちばんの衝撃であり、いちばんの嬉しい予想外だったんですよ。

 

どちらもきっと一気読みできちゃうと思います。

 

1日おきに相変わらず子供たちと一緒に寝ています。

寝る・寝ない・寝る・寝ない・・・

 

一緒に寝る日は、いつも『お話』を聞かせています。

大体その場で即興で適当に作って、

オチがあったりなかったりしながら、

 

「おーしーまい。」

「おやすみ。」

 

『密かな結晶』を読んだ日は、

私の頭の中がこの物語でいっぱいだったので、

そのまま子供たちに話してみました。

 

不思議なことを不思議なままに受け入れるのは、

むしろ子供のほうが得意なんですよね。

 

「ふしぎ。おもしろかった。」

と言っていました。

 

 

最近これ↓のせいでずっと薬を飲んでいるので、

お酒を飲んでおらず、

私の『お話』もちゃんとストーリーを保っている状態。

 

 

いや、嘘。

本当は1杯だけ飲みました。

 

 

 

図書館で借りた本

小学生の図書館で借りた本

オススメ本

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND