【7歳&4.5歳】2.5歳差の子供ふたり育ての、これまでを振り返ってみた

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

長男の次男の年齢差は2歳4ヶ月。

今思うとなんでなのか、多分深く考えていなかった、

ただただそれだけで、

自分に姉がいて、姉のことが大好きで、

そのため子供はふたり欲しいと思っていました。

 

ひとり→ふたりになったら、

仕事復帰とか、

仕事との両立とか、

そんな不安もあったにはあったのですが、

もうその前に【ふたり】となぜか心を決めていました。

 

まぁ、できなければ仕方ないけど、

できるならふたり、って。

 

年齢差は本当ならもう少しあけたかったのですが、

(私と姉は4歳差)

長男出産が35歳だったので、

そんなに年齢差はあけられないなと。

 

結果、長男の育休から復帰後1年もしないうちに妊娠。

1年3ヶ月ほどの復帰期間を経て、

2回目の産休を取り、

38歳で次男を出産しました。

 

2回目の復帰をしてから脱サラしてフリーランスになって、

なんとか長男7歳、次男4.5歳。

随分と手はラクになってきました。

 

今朝たまたまトイレの前を通りかかったら、

小さな次男がトイレの床にしゃがみながら自分でお尻を丁寧に拭いていて、

 

『便座から降りて、そうやって拭いたんだ…』

 

と思いつつ、

 

「大丈夫?」

 

と声をかけると、

 

「うん。」

 

と。

 

ちゃんときれいに拭いて、

トイレットペーパーを流して、

洗面所で手を洗っていました。

 

いや~・・・育った。

 

ふたりでチェスをしています。

created by Rinker
ビバリー(BEVERLY)
¥1,960 (2021/09/20 06:23:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

夫と私が、子供が生まれる前に暇つぶしに買っていたチェス。

物置きにずっとしまっていて、

整理した際に出して置いたら、ふたりともとりつかれたように、

毎晩毎晩、

 

「バーン!とったー。」

 

と言いながら、対戦しています。

 

久しぶりにね、ふたりの対戦をじっくり見たんですよ。

 

あれ???すっごいうまくなってるよ???

前回見た時は、

次男が『斜めに進む』が理解できなくて、

何度も何度も直されていたし、

 

馬の駒(ナイト)の複雑な動きなんて

微塵もわからなかったのに、

普通に馬を使いこなしていました。

 

一応駒の下にガイドがついているんですが、

それでも次男はわからなかったのに・・・

 

ひえ~・・・子供の脳って凄い。

 

「そこに置いたらとられちゃう。」

 

それにちゃんと自分で気づいて、次の手を考えていました。

長男に至っては、

次の次の手、その次まで考えようとしているのがわかって、

我が子ながらホント、若い脳の力とそのスピードの速さに驚きました。

 

少し前まで、オセロで勝った負けたと泣き叫んでケンカしていたのに、

チェスで負けても泣きもせず、

「もう1回。」だって。

 

育ったな~

 

2歳差育児。

どんだけタイヘンなのさ、ってずっと思っていました。

年子とか、どう考えても無理じゃん、って。

 

長男も次男も、とにかく小さければ小さいほど、

手が2本では足りませんでした。

何をするにも、達成感ゼロ。

 

0歳児と2歳児と一緒に入るお風呂も、

0歳児と2歳児を待たせながら作るご飯も、

0歳児と2歳児の寝かしつけも、

もう何もかも、

毎日が『なし崩し』

 

何ひとつ、攻略法が見つからないまま、

 

とにかくなんとか洗った。

とにかくなんとかご飯終わった。

とにかくなんとか寝た。

 

その繰り返しのまま、子供たちがちょっとずつ大きくなるのを

待つしかありませんでした。

 

4.5歳になった次男は、

ひとりでお尻も拭けるし、

自分のご飯をテーブルに運べるし、

次の日の保育園の準備もできます。

 

はぁ~・・・育った。

大変だったけど、なんとかなった、というか、

なんとかした感はゼロで、

時が過ぎただけ、なんでしょう。

 

とにもかくにも、

毎日きれいに洗い、毎日ご飯を食べさせて、

毎日早寝早起きさせていたら、

育ちました。

 

ここまで来たら後はもう、

心と、金の問題か。

大変さの種類が変わってきましたが、

まだまだ先が楽しみなふたりです。

 

「子育てなんてあっという間。」

そう言う人の気持ち、わからなくもないですが、

正確じゃないなと、最近思います。

 

決して『あっという間』ではないです。

酸いと甘いが詰まりすぎていて、

決して『あっという間』では、ないです。

 

 

 

子どものいる暮らし。

ワーキングマザー

子育てのつ・ぶ・や・き

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND