行き詰まった時も、意気揚々の時も いつも必要なもの

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

近所の図書館で子供の図書カードを作ると、絵本が入るB4くらいのサイズの、本用のバッグをくれます。

ペラペラのものではなく、折れないように芯も入っていて、自治体っぽい絵が描いてあるバッグです。

それを持っていると、図書館へ行くのだな、というのがわかる人にはわかります。

 

私や夫の本も、返却予定の物はいつもそのバッグへ入れておきます。

先日、そのバッグを持ってマンションのエレベーターに乗っていたら、乗り合わせた同じ階の人に言われました。

 

「図書館ですか?」

 

「はい」

 

「でも図書館、遠いですよね。あんな遠くまで行くんですか?」

 

「え???すぐ近くにありますよ???」

 

そこで1階へ着いてしまい、ではでは~・・・となったのです。

 

都市部の図書館は、ひとつふたつ大きな図書館があるだけで、

残りの別館が、辺鄙な自治体の建物の、5階や6階、というところにあると思います。

でもそれはやっぱり、わざわざ調べないとわからないことだと思います。

そして昨今の図書館は、足を運んで本棚の間を歩き回って本を探す必要はありません。

Webで予約して、最寄りの図書館で受け取るだけです。

地域内の図書館から回送されてきます。

返却も、最寄りの図書館へ返すだけです。

 

また別の時の休日、長男のお友達に偶然会った時のこと。

「これから図書館に行くの!」

と言う長男に、お友達はこう言いました。

 

「図書館、どこにあるの?オレ行ったことない」

 

その時私たちは、図書館の入ったビルの目の前にいたので、ここの〇階だよ、と長男が言っていました。

 

本が、何にも勝る、唯一のものである、とは言いません。

映画、公園遊び、旅行、買い物、テレビ、遊園地、動物園・・・

子供の娯楽は数多くあり、『良い経験』も数え切れません。

 

でも私はいつも、行き詰まった時、モヤモヤが晴れない時、突破口が欲しい時、

いつもいつもいつも、いつも、本に助けられてきました。

実際に直接話を聞ける人の数は限られていて、ウェブの情報では足りなくて、

結局いつも、たくさんの本の情報をつなげて、組み合わせて、それらを使って、現状と理想の間で折り合いをつけてきました。

 

何にも行き詰まっていなくて意気揚々の時にも、本が適度なネガティビティをくれて、居丈高な心を見直す機会となります。

 

図書館の起源は古すぎて、実際のところはよくわかっていないそうです。

紀元前のエジプトに図書館らしきものがあったとか。

誰でも使える図書館という概念は、1850年ころにアメリカやイギリスで起こり、世界に広まったそうです。

 

日本語だけに限っても、出版されている本の数は途方もなく天文学的な数字で、

一生の本を読める時間はごくわずかで、だから読める本はとても限られています。

厳選した本をできるだけたくさん読みたいとき、図書館という存在はすごくありがたい存在です。

読みたい本をすべて買っていたらお金がかかって仕方がないし、仕舞う場所もありません。

 

ネットのキュレーションサイトよりもときに、

紙の上でキュレーションされた情報のほうが、役に立ったり、自分の琴線を震わせてくれたりすると、私は思います。

 

だから私は、絵本も常に図書館で予約して、子供を連れて毎週のように図書館へ行きます。

最近「なるほどね」と思わされた絵本がこれです。

友人がブログで勧めていて借りてみました。

最初自分だけで見てみたとき、『これはむしろ大人向け?』と感じました。

 

しかし子供たちに読んで聞かせると、

ひとつひとつの言葉の響きの面白さや、絵の面白さに、普通に喰いついて、キャッキャしながら読んでいました。

 

 

「それしかないわけないでしょう」

って、口に出して言ってみてください。

 

なんか、口触りが良いというか、耳触りが良いというか、言いたくなる語呂です。

5歳長男も、ふと

 

「それしかないわけないでしょう!」

 

と言うようになりましたwww

 

あとはこれも。ゆっくり、読み聞かせたくなる本です。

絵本であっても、言葉選び、並べ方、書き方(漢字/ひらがな/カタカナなど)、

改行の仕方にしても、無限にある組み合わせの中の、もっともよいと思われる組み合わせを選び取っているわけです。

 

人が『思考』するとき、言葉は必須です。

人はイメージだけでは、『思考』『深く理解』『心から納得』することはできません。

そこには必ず、言葉が必要です。

物事の本質、そして自分の感情に、より近寄れる語彙を、より正確な順番で並べることができることは、健康な心を保つことに役に立つと、私は思っています。

 

・・・にしても絵本は高いので、好きな絵本は何度も借りては返して、また借りて、まるで持っている気分ですwww

 

にほんブログ村テーマ 読み聞かせたいおすすめ絵本へ
読み聞かせたいおすすめ絵本

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND