会社員の確定申告 投資やら副業やら 合算?通算?あれれ?

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

もうすぐ今年も終わりです。

年が終わって少しすると、楽しい楽しい確定申告の季節です。

冗談ではなく、私は本当に楽しいです。

税金て、複雑です。

でもすべての複雑さの中に、特定の人の思惑が隠れていて、それが折り重なっている感じが、なかなかに知的好奇心をくすぐられると言いますか、興味深いです。

難しいパズルに挑戦しているような感覚です。

 

今日はですね、そんな、楽しい楽しい税金の話を少し。

みなさん会社員でも、ちょっとアフィリエイトやったり、ちょっと投資したりして、利益が出ている方、結構いらっしゃると思います。

会社員は、給与以外の収入が20万円以上になったら確定申告で申告しなければいけません。

それは結構、知っている方が多いです。

でも、意外と知らないこともあるよな、そういえば、と思いまして。


意外と知らないこと① 免除されるのは所得税だけ!

給与以外の収入が20万円以下だと確定申告はしないでOK、ってことなんですが、

意外に知らない、というか私は会社員のときには知らなかったのが、

免除されているのは所得税だけであって、本来住民税は

いくらであっても収入があったら払わないといけない、ということです。

給与に関してはすでに住民税の計算がされていますが、

それ以外の収入があるなら、本来自治体に届け出て、住民税は支払う必要があります。

意外と知らないこと② 副業にかかった経費?

例えばですね、投資で20万円利益が出て、副業で10万円利益が出たとします。

30万円の収入なので確定申告が必要です。

しかし、経費も認められています。

副業で経費が15万円かかって、むしろマイナス。

そのマイナス分を、投資の利益からも引けるのかというと・・・

 

引けましぇ~ん。

 

そもそも所得には種類があって、副業は大体【雑所得】、

投資の利益は投資の種類によって異なります。

そして【損益通算】という考え方もあって、まぁ細かいことは省きますが、

とにかく副業の経費は副業の中でしか差し引くことができません。

意外と知らないこと③ 投資で損をしていたら?!

(1)損益通算できることも

投資の種類によりますが、投資という枠の中であれば損益通算できることがあります。

利益に対する税金を既に源泉徴収などで支払い済みでも、損益通算の申告をして返してもらうこともできます。

(2)損を3年繰り越し

これも投資の種類、損額にもよりますが、

申告することで今年の損を3繰り越すことができます。

つまり、今年の損を、来年、再来年、その次の年の利益から引けることになります。

来年の税金が安くなる可能性があります。

実際コレ↑はですね、友人と話していて発見して、急いで一緒に彼女の分の申告したことがあります。

次の年の申告も一緒にやって、まんまと利益が相殺されて、余分な税金を払わずに済みました。

なんだか今日は難しい話になってしまいましたが、

税金に代表される国の制度には、知らないと損をすることが結構あります。

私だって配当控除のこととか、つい最近知りましたよ。

 

確かに確定申告は手間ですが、1万円儲けるのと、1万円の余分な税金を払わずに済ませることって、

結局同じ事なんですよね。

ちょっとやり方さえ慣れてしまえば、余分に儲けるよりも節税するほうが、

よほど簡単だと思います。

 

あ、そうだこれも。

意外と知らないこと④ 税務署に電話すればなんでも教えてくれる。

税金のこと、わからなくてネットで調べてもわからないこと。

管轄の税務署に電話して「ちょっとわからなくて・・・」と聞けば、

普通に教えてくれます。

管轄の、というのが大事です。

税制というのは、自治体によっても違う点があるので、自分の管轄の税務署に聞くことも重要です。

 

私も今年は、個人事業主として初めての確定申告です。

楽しみなんですけどー。

難しいパズルは、解けるとすんごく気持ちいいです。

にほんブログ村テーマ 確定申告へ
確定申告

にほんブログ村テーマ パズルへ
パズル

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND