性別のない子供服店を運営しているので、思うこと

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

ご存知ない方も多いかと思うのですが、

私はいま、ネットショップを運営しています。⇒こちら

 

このショップをやるにあたっては、

昔記事に書きました。

 

ショップをオープンさせて早1年半。

お陰様でボチボチやっております。

楽しいです。

 

『性別のない子供服店』なので、

BOYS/GIRLSというカテゴリーがありません。

そのせいで来店いただいている方も、

意識せずに寄っていただいている方もいらっしゃるかと思います。

 

私自身が、こういう、

性別による役割分担、的なものに疑問を感じ、

それもあってこういうお店を開いたので、

やっぱりそういう話題には目が留まってしまいます。

 

Twitterでこんな呟きを見ました。

 

『息子はピンクやかわいいものが大好き。

だからピンクやかわいいお洋服を着ていたら、

保育園で「男の子の服を着せてください。」と言われた。

なんで好きなものを着たらいけないの?』

 

この投稿によると、

保育士さんの言い分としては、

『回りの子たちが混乱するから』

だとか。

 

でもこういう声、

実はいろんなところであるんだろうなと思いまして、

ツラツラと考えてみようかなと。

私自身は、生まれ持った性別と心の性別に違和感はありませんでした。

でも、既存の『女の子らしい』の枠は窮屈だと感じました。

その枠に抵抗を感じたし、

そもそも枠にはまれる素質もなかった気がします。

 

とはいえ、子供として回りに馴染みたい気持ちや、

お友達の中で程よく目立ちたい気持ちも普通にあり、

なんかずっともがいていた気がします。

 

『回りの子供が混乱する。』

これはおそらく正確ではなくて、

混乱しているのは子供ではなく、保育士さんのほうではないかと。

 

きっと子供たちは、

例えばピンクやハートの服を着た男の子を見て、

 

「どうしてピンクを着ているの?

ピンクを着るのは女の子じゃないの?」

 

と純粋に聞くでしょう。

テレビやアニメ、本などのコンテンツは新旧入り混じっているので、

『色⇒性別』の概念を既に仕入れていると想像します。

 

それになんと答えていいかわからないという状態を、

 

『子供たちが混乱する』

と表現しているのだと、推測ですが。

 

自分でも何か新しい物、新しい概念に出会った時、

頭の中で『カテゴリー分け』していることがわかります。

 

既に自分の知っているものと近いものがないか、

あれば探して、それと同じカテゴリーに括ることで、

理解するとっかかりをつかみます。

 

子供も同じように、まずはカテゴリー分けして理解しているのだと思います。

 

『この絵の中にいるものを、グループに分けてみよう。』

というよくあるお題もそんな人の基本的な回路を

チェックしているんだと思います。

 

男の子は、強くて、青が好きで、

元気で、少し乱暴で、・・・

 

女の子は、おしとやかで、ピンクやハートが好きで、

おしゃべり好きで、・・・

 

このカテゴリー分けは、大人が作ったものです。

 

以前紹介したこの本にも書いてありましたが、

もうその既存のカテゴリー分けは、

アップデートする必要があるんじゃないかと、私も思うわけです。

created by Rinker
新潮社
¥1,485 (2020/11/30 05:18:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

以前『結婚とは』という話をしていた時にも、

長男はすんなりとこう言いました。

 

「男の人と結婚する男の人もいるよ。」

 

良いとか悪いとか、

正しいとか間違ってるとか、

それ以前にもう、

 

社会にはそういう既存のカテゴリーに当てはまらない人がたくさんいるわけで、

そういうのも『尊重』しましょう、ということになっていて、

だったら保育園のうちから、

教えてくれないとね~、っていう感じじゃないかと、

思うんですよね。

 

『男の子はピンクの服を着ない。』

と教わった子供たちが、

社会に出て急に、

 

『多様性を尊重しないとね!』

と言われて、

教わってもいないものを実践するんじゃ、

かわいそうじゃないかと。

 

きっとだから、こういう活動をする団体などが、

生まれるんですね。

 

そうだなぁ・・・

 

ピンクを着たい男の子が着れなくなったからと言って、

致命的なダメージを受けるとは限らないかもしれませんが、

せっかく何か持って生まれたギフトを、

クシャッと潰すことになったりしたら、

なんかもったいないじゃないですか。

 

みんな好きなようにして、

それぞれ自由に幸せになれたら、いいのにな、と思います。

 

 

++ 子供服 ++

男の子の子供服事情

オススメ本

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND