スポンサードリンク

 

まだ子供が小さいこともあり、子育てについてそこまでまだ深刻には考えていません。

今後大きくなってくれば、悩みや葛藤ももっとずっと大きくなるのでしょう。

長男ももうすぐ5歳。すっかり人間ぽくなって、「ダメ」と叱るだけでは済まなくなってきました。

丁寧に理由を説明したり、人の気持ちについて考えさせたり。

日々試行錯誤です。

 

次男が2歳半。

この世で最も近い遺伝子情報を持って生まれた同性の二人なのに、見た目も性格も違います。

長男の太くて真っ黒の髪の毛と、次男のフワフワの茶色い髪。

長男の慎重で素直な性格と、次男の勝気で天邪鬼な性格。

パパも大好きな次男と、ママでないとダメな長男。

 

次男だって「いちばん好きなのは誰?」と聞かれたら

「ママ」と答えますが、「パパもぜんぜん好きだけどね?」という感じ。

対して長男は、

「ママじゃないとぜーったいにやだ!」という感じ。

 

そしてこれについて私は、何気に後悔しています。

 

長男が赤ちゃんのとき、もっと頑張って夫を育児に引きずり込んでおかなかったこと。

 

私自身もよくわかっていませんでした。

私と夫が、子育てにどう取り組んでいくのか、特に何も調べず話もせずに産み、

育て始めてからその課題に出会い、そして解決のための試行錯誤が始まり、

だんだんとスタイルを確立したころにはもう、長男は既に3歳ころ?

 

対して次男は、生まれた時にまだ2歳半だった長男がいたこともあり、

日常的にパパがミルクをあげ、オムツを変え、寝かしつけ、とにかくパパに抱っこされている時間が圧倒的に長かったです。

そのせいか、もちろん相性の良さも手伝って、いまでも自然にパパに飛びついていきます。

しかし長男は、あまり自分からパパとは絡みません。

決して仲が悪いわけではありませんが。

長男の育休中の私は、奇しくもこう思っていました。

 

育休中も、復帰してからも、子育てのメイン担当は私で、仕事のメイン担当は夫。

どちらかがどちらかの分野にある程度偏ってしかるべき。

 

その考えがあったからこそモヤモヤが募り、ケンカばかりして、うまくいかなかったわけです。

そういうことではないのだと、それではうまくいかないのだと、その考えから脱却して、ケンカも減り、次男はパパにも存分に抱っこされて育ち、今に至るわけで。

 

ま、過ぎてしまった時間はもう仕方ないので、これからの話なんですが。

そんな彼らが唯一、ママ抜きで過ごす時間が、朝の保育園への道。

私と子供らだけの時間は毎日それなりにありますが、パパと子供らだけの時間はそこだけです。

長男に至っては、もうあと2年もしたら、送っていく必要もなくなります。

 

その毎朝の時間、エレベーターから駐輪場までと、自転車に乗ったほんの5分、自転車から保育園、

そのわずかな時間を、パパと子供たちの貴重な時間として、使ってもらいたいな、と思うわけです。

一緒に過ごす時間の積み重ねの中でしか生まれないものが、あります。

 

そのうち、パパと長男の二人旅、というのもしてもらう予定です。

にほんブログ村テーマ **男の子のママ・パパ**へ
**男の子のママ・パパ**

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくてもどなたのクリックもポイント対象です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

お知らせ

私がやりたかったことは、ファイナンシャル・プランとはまた別のもの。

わかっていても貯金できないから困っていたんです。

苦労して見つけた、仕組み。

RECOMMEND