あっという間じゃなかった。やっと寝る前にベッドで本が読める生活

 

おはようございます。みゆきです。

9歳と6歳の息子ふたりを育てています。

 

おかえり。

9年を経てやっと取り戻した習慣。

 

あぁ・・・やっと戻ってきた。

 

寝る前には必ず、ベッドでうつ伏せになって本を読み、

眠くなったら寝る。

そんな習慣がありました。

 

 

結婚してからはワイドダブルで夫と寝ているものの、

夫は大抵寝るのが遅いのです。

 

そして当然、長男が生まれてその習慣は突然ストップ。

ベッドの隣にベビーベッドを置き、

本を読むどころの話ではない夜勤生活開始。

 

 

赤ちゃんの寝かしつけから、

幼児の寝かしつけ。

 

ママと一緒に寝たい。

他の任務はこなしても寝かしつけだけは

頑としてやろうとしなかった夫。

 

 

寝落ちしないように

子供が寝たらベッドから抜け出していた数年間。

 

寝る日・寝ない日

交互に一緒に寝ていた数年間。

 

 

合計約9年間。

この度やっとやっと、

子供と大人の寝室を分けました。

 

少し前から既に長男は

『ひとりで寝たい』

と言っていましたが、

 

小1次男に少し猶予を与え、

 

テトリスのように家具を入れ替え、

子供部屋的な部屋を作りました。

 

 

大人の荷物もたくさんあるので完全に子供部屋ではないけど、

シングルベッド+布団

ランドセルラック2台の

かわいい部屋になりました。

(↓ホワイトAにしました)

 

 

 

秘密基地ができたみたいで子供たちは喜び、

夜も特にてこずることなくすんなり寝ていました。

 

これまでずっと隣に寝ていて、

気づいたときに布団をかけ直していたのが、

自分が寝る前に子供部屋を覗いて、

布団をかけ直すっていう、

アメリカのドラマみたいな流れ(笑)

 

なんかニヤニヤしながら子供たちの寝顔を見てしまった。

 

 

夫は相変わらずリビングで夜更かしをしていたので、

先に寝ようと思い、

そして気づきました。

 

 

そうだ、寝る前にベッドで本が読めるんだ。

 

 

会社を辞めて通勤時間が無くなり、

本を読む時間をどこで作ろうかと思っていたけど、

ここだ。

 

 

いま読んでいるのはこれ。

created by Rinker
小学館
¥1,200 (2022/12/09 12:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

9年前とは違い、

若干老眼が進んだ私。

 

うつ伏せで枕に本を置いて読むのはちょっと目が疲れます。

そりゃそうだわ。

 

9年だもん、9年。

ほぼ10年じゃないか。

 

 

子供と一緒に遊べるのなんていまだけ。

子供が一緒に寝たいと言ってくれるのもいまだけ。

あっという間に大きくなっちゃう。

 

そう言う人多い気がするんですが、

私はそういう感覚がないんですよね。

 

 

子供たちはもちろん大事だし、

彼らのためなら死ねるけど、

小さいままでいて欲しいとは微塵も思わないし、

急がなくていいけど早く大きくなって欲しい。

 

一緒にお酒が飲みたいし、

お世話してあげるんじゃなく

人として付き合いたい。

 

 

もちろんひとりでできるようになるまでは

全力でサポートするし、

彼らのことをないがしろにするつもりもない。

 

 

ただ、『あっという間』だとは思わない。

 

今現在と未来に対する興味が大きすぎて、

例えば楽しいキャンプすら、

『あっという間』だとは感じないんですよね。

 

 

いまを集中して楽しみ苦しんでいるし、

過ぎたことはどれも『あっという間』ではない。

 

楽しみも苦しみも、まだまだきっと次から次へとやってくるし。

 

 

『感慨深い』のほうがしっくりきます。

 

9年間の日々。

9年間の試行錯誤。

慣れ親しんだものを諦めることと新しい幸せが詰まった9年間。

 

 

もちろんまだまだこれからもやってくる、

諦めと幸せと、チャレンジと発見と。

 

 

9年ぶりにひとりで寝るのは、

(夫は後から寝る)

初めて保育園に子供を預けたときのような

ちょっと手がスースーするような

何かをどこかに忘れているような

そんな感覚でした。

 

 

図書館に行こう。

 

 

#寝室

 

#寝かしつけ

 

#子育て

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

更新の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

いつも応援いただき、本当にありがとうございます。

本当は不安でたまりません。

 

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND