傾聴と共感の、リアル(7歳の巻)

 

おはようございます。みゆきです。

10歳と7歳の息子ふたりを育てています。

 

昨日の本の話の続きです。

 

 

子供の言うことに耳を傾け理解して、

その感情に共感することが、

子供がその場で受け入れられている、愛されていると感じることにつながる。

 

それを積み重ねておけば、

他の人をいじるめるモチベーションがない、はず。

 

 

うちの子たちはふたりともバレーボールを習っているのですが、

Netflixで『黒子のバスケ』を見始めまして、

バスケットボールにも興味を持ち始めました。

(正直漫画も欲しい・私が)

created by Rinker
¥460 (2024/06/16 08:23:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

習い事は変えないけど、

バスケットボールだけ買いました。

created by Rinker
モルテン(molten)
¥1,982 (2024/06/16 08:23:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

その日の夕方の話。

 

学童を終えて帰宅する次男(小2)を待って、

家族4人でマンションの下の道路(車があまり通らない)で

少しだけバスケットボールをポンポンしようと、

長男と話していました。

 

17時半ころに次男が帰宅し、

4人で1階へ降ります。

 

 

まずは長男がボールを持ってひとしきりドリブル(の真似っこ)をして、

 

「パパにもかして」

 

と夫が混じり、

 

「ママにもちょうだい」

 

と私もバンバンしました。

 

 

「次男くんもやろー」

 

と誘うも、

最初にボールを触れなかった時点で拗ねてしまいました。

 

 

途中、ちゃんと次男にボールを渡すも、

またすぐにやめてしまい、

拗ねがさらに深く。

 

 

新しいおもちゃ投入時の我が家の儀式みたいなもんです。

毎回同じ流れ。

 

みんなで何度も次男を誘うのですが、

天邪鬼というか、

一旦拗ね始めると長いのが彼の特徴です。

 

10分程粘るも次男の心は解けず、

長男とパパは先にボールを持って帰宅。

 

夕方の暗い路上に7歳児とふたり。

 

座り込む次男に語りかけながら、

本の内容を思い出してみます。

 

「もう俺戻らない」

「もうずっとここにいる」

 

そう言う7歳児をなんとか説得して、

玄関までは連れていくことに成功。

 

 

冷たい玄関に座り込み、まだまだ心を開きません。

 

早くご飯を作って食べたいけど、

もう一旦諦めようと腹をくくり、

私も玄関に胡坐をかいて座り、

次男に聞いてみます。

 

 

「さっき1回、ボール持ってたよね。

どうしてあの時あのまま遊ばなかったの?

何か嫌だったのか教えて?」

 

こう聞いてみると、

それまで怒った表情をしていたのが

クシャクシャと顔が崩れ、

ポロポロと涙をこぼし始めました。

 

曰く、一度ボールをもらったのに

パパが「かして」と言ったのが嫌だったと。

俺の番だと思ったのに、またパパにとられたと。

 

 

なぬ!アイツめー!!!

 

夫を玄関に呼び聞いてみると。

 

「だってなんかパパもボール触りたくなっちゃったんだもん。」

 

大人が我慢できないでどうすんの!

 

夫「でもさ!すぐ返したじゃん。それなのにさ・・・!」

 

と言い返そうとする夫を制止して、

 

「まずは次男くんに『ごめんね』じゃない?」

 

と謝罪させました。

 

 

見ているだけで、事の成り行きがわかったつもりでいても、

実際に子供がどこで傷ついたり嫌だったりしたのか、

聞いてみないとわからないものです。

 

いや~、傾聴、大事。

 

 

玄関に転がっていたバレーボールを

軽く私の頭にぶつけて、

私が痛がって、

「ごめんね」と謝ったり、

 

『ママも子供のころは大変だった』

と私の体験談を話して聞かせたり、

そういうやりとりを何度か続け、

 

途中で野球ボールで優しいキャッチボールをしながら、

 

正味・・・20分くらいかな。

 

 

最後はおんぶでお風呂まで連れていく、

という流れで次男はやっと笑ってくれました。

 

 

この本にも書いてあった。

 

子供の心を溶かすには

ある程度時間がかかるって。

 

年を重ねるごとにその時間も長くなって、

中学生以降なんて数時間かかるって。

 

 

夫とも話したのですが、

ふたり目って正直、

ちょっと子育てに飽きていたり疲れていたり、

つい少し対応が雑になってしまうことがある気がします。

 

肩の力が抜けている良い面もあり、

『こんなもんで良いだろう』と見過ごしてしまっている悪い面もあり。

 

 

本そのままに実践してみたら、

やっぱり書いてある通り上手く進みました。

(たまたまかもしれないけどね)

 

毎回はやってあげられないかもだけど、

小さな体で頑張っている彼らを

尊敬、尊重してあげる、その具体的な方法を学んだ気がします。

 

いやいや、一筋縄ではいきませんな。

 

 

 

#子育て本

 

#天邪鬼

 

#小学生

 

↓をクリックいただけると、ブログランキングのポイントが入ります。

お忙しいところすみません。。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。

自分以上に頼りになる人、いますか?

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND