スポンサードリンク

 

正直、この【時短美容法】の中で
私がいちばん気になったのが日焼け対策に関してでした。

 

何年も前から

「ああ、この日焼け止めって、
『永久日焼け止め』みたいなのできないのかな・・・
毎日毎日これを塗りたくるのは結構ウンザリ・・・
でもシミはいやだぁぁ・・・」

と思っていました。

 

この宇津木式なる【時短美容法】では、日焼け止めもNG。

いわく、ファンデーションと同じで日焼け止めも、
メイク落としという刺激物でないと落とせない、
肌に悪いものだと。

日焼け止めを塗るくらいなら
日焼けをすることのほうがまだ肌には優しい、という主張です。

とはいえシミになるのは嫌でしょうから、
日焼け対策は帽子や傘をメインにしましょう、ということらしいです。

 

そして既にできてしまったシミはレーザーでとりましょう、と。

でもどうしても日焼け止めが必要ならこれなら、
と紹介されている日焼け止めは、なんとも入手困難でした。。
うーむ・・・

そして次に紹介されていたのは、
肌の負担が大きい紫外線吸収剤を使用していないもの。

ということでたどり着いたのが、コレ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】エスケアウォーター 250ml
価格:2900円(税込、送料無料) (2017/2/7時点)

これは日焼け止めではなく、
日焼けから肌を守るための潤い、というコンセプトなので、
効果は未知数ではあります。

 

とはいえ私の目的は
日焼けをしないことではなく、
シミを作らないこと。

 

なのでしばらくはコレを試して、
紫外線の強い時期はプラス帽子と傘でなんとかしのごうかと。

これは小まめにシュッとすることが大事なので、
気づいたときにはシュッとしておきます。

 

そしてあと、もうひとつ試していることが。

私の母は昔から、
化粧も日焼け止めも一年中一切しない人なんですが、
そのせいか50歳くらいのとき頬にシミがたくさんありました。

その後、彼女は米のとぎ汁で顔を洗い始めました。

 

そしてしばらくすると、頬にあったシミはなくなっていました・・・
そしていまも、とぎ汁で洗い続け、
確かにシミがないんですよね・・・
年齢の割りに、肌がきれいなんですよね・・・

ということで、とぎ汁は毎回洗面器にとっておき、
お風呂上りに顔を洗ってみています。

この【時短美容法】といい、とぎ汁といい、
結果が出るまでにはかなり時間がかかる実験なんですが、
いまのところ、いままででいちばん肌の調子がよく、
化粧品類から解放されて
かなり気分が良いのは確かです。

 

 

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも応援いただき本当にありがとうございます。

みなさんの役に立つ記事を書けるよう頑張ります。

コメント一覧
  1. mitade より:

    日焼けやシミは色白の人と色黒?黄色の人とではちがいますよね。メラニン色素?
    私の祖母は色黒のひとで、もちろん化粧など全くせず、若いときから畑仕事など紫外線にさらされて生きてきましたか、80過ぎたときでも全くシミが無い人でした。とてもツヤツヤときれいで。
    一方私は母に似て色白なので色々と肌トラブルがある方です。日焼け止めは年中塗っています。室内に居ても毎日。冬の紫外線の方が強いとかいうし。日焼け止めは赤ちゃん用でもダメなんでしょうかねぇ。
    あと、なんでもオゾン層の破壊で昔とは比べものにならない紫外線量が現代は入ってきているって言いますよね。実際皮膚がんが増えているとか。。
    オーストラリアは皮膚がん世界一で更新してるので有名ですよね。
    実は私の祖父は色白で、晩年皮膚がんになりました。
    そういう一方、紫外線は目から入るって最近知ったのですが。。皮膚をケアするよりサングラスで目を守るのが大事だと。シミの原因なんだそうです。日本人はサングラスあまりしないですからね。
    なんだか肌年齢は見ためにも大きく影響するから色々情報が気になりますよね!

  2. みゆき より:

    mitadeさん、それがね、うちの母は色白で、日焼け対策一切せず、米のとぎ汁だけで
    シミがない人。
    日焼け止めを止めるのが、私も一番抵抗あったんですけど、
    とはいえ一生あんなベタベタしたものを肌に塗るのも嫌で、
    試行錯誤中という感じです。
    なので基本的には夏は帽子+傘対策をメインに、ノンケミカル(紫外線吸収剤なし)の日焼け止めで乗り切る予定です。
    普通の日焼け止めを塗っている時点でもう、この方法は成立しませんからね。
    それくらい楽で肌も健康なので、私はいまは、この最強【時短美肌法】から離れるほうが抵抗を感じます。。

コメントを残す

関連キーワード
自分のものの関連記事
RECOMMEND