おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

どれだけ煙たがられても、この先何度「うるせー、ババァ」と言われても、

この当たり前のことだけは、息子たちに刷り込んでしまいたいと思っています。

『当たり前のこと』とされているのに、みんながみんな出来ているわけではない、

「ありがとう」と「ごめんなさい」の条件反射。

伝説の経営者、カリスマと呼ばれる人たちの本を読むと、結構な頻度で、当たり前のことが書かれています。

 

『周囲への感謝の気持ちを忘れず、それをきちんと伝えること』

 

でも当たり前のことを、できていない人が多いからこそ、彼らがカリスマになり得た、のかもしれません。

別にカリスマにならなくてもいいんですが、

周りを見渡すと、街でも、会社でも、「ありがとう」と「ごめんなさい」を出し惜しみする人によく出くわします。

男女問わず、います。

それってなぜなんだろう、ってずっと考えていたんです。

「ありがとう」と「ごめんなさい」って、湯水のごとく垂れ流したほうが、生きやすいじゃないですか。

大したことないようで、その効果は絶大だと私は信じています。

だって自分が「ありがとう」「ごめんなさい」と言われると、その人のことを好きになるし、よくしてあげたい、って思うから。

 

「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わずに済まそうとする人、出し惜しみする人はきっと、

それを言うことで見下されたり、軽く見られたり、相手の気を晴らすことが『シャク』だという気持ちがあるのかな、と思ったんですよね。

 

じゃあそれってどういうことなのかな、と思うと・・・

自分の大きさや価値が、人によって決められたり、人によって左右されたりすると、

思っているからなんじゃないかな、と考えたわけです。


「ありがとう」や「ごめんなさい」は、

「ありがたいと思っている」

「申し訳ないと思っている」

という言葉とは違い、

 

『ありがたみボール』を、自分の手から、相手の手に「はいっ」と渡す行為です。

 

「申し訳ないと思っている」は、

『申し訳ないボール』を、自分の手の中で持っているだけですが、

「ごめんなさい」はそのボールを相手の手に渡す行為です。

 

「ありがとう」や「ごめんなさい」は、バーチャルであっても相手ありきの言葉です。

 

でもそんな『気持ちボール』を相手の手に託してしまったら、

自分の価値を相手に託してしまうようで、不安になってしまうんじゃないかって。

気持ちは無限に湧きだすもので、

その気持ちを湧きださせる自分の『価値』は、

自分にしか決められないもので、

みんながみんな、いまのまま、あるがままで大丈夫だということを、

気づいていないのかな、なんて、(←自分も含めてね)

すごく偉そうですが、思うんですよね。

 

息子たちが、自分の価値に気づき、実感するのがいつかはわかりませんが、

本来は別の話であるはずの「ありがとう」と「ごめんなさい」は、

条件反射のように口からこぼれてしまう言葉として、

刷り込んでしまいたいな、と思います。

 

彼らの自己肯定感を育む、という壮大なテーマは、

ひとつの記事なんかでは語れないのでいまは触れません。

 

自分がその時どれだけ傷ついていても、

ほかに納得のいかないことがあったとしても、

 

相手のしてくれたことや、自分のしてしまったことは切り離して、

ひとまずは「ありがとう」や「ごめんなさい」を言わないことにはなんかムズムズしてしまう、

そんな人はきっと、いろいろあっても前を向いて生きていける人、

なんかじゃないかな、と思いました。

 

そんなこと言われると私だってまだまだで、

 

「ここで『ごめんなさい』を言っておいたほうが、きっとみんなにとっていいんじゃないか・・・

でもシャク・・・」

 

「これに対しては『ありがとう』を言うべきだろうけど、

ほかのことでは私すっごいやってあげてるんですけど(怒)」

 

と葛藤することもしばしばです。

 

それで言うと子供のほうがよほど素直で、シンプルなのかな。

 

子育ての話をしようと思ったら、ブーメランのように自分に返ってきた、

っていう話でしたwww

 

にほんブログ村テーマ ++育児の穴++へ
++育児の穴++

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

応援クリックいただけると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND