Sponsored

 

おはようございます。ワーキングマザー・サバイバルのみゆきです。

 

これ、私だけじゃないと思うんですが、自分の子供(長子)の年齢以上の子供のことが、よくわかりません。

だからこれまで、公園で小学生の子供と絡む機会があっても、いまいちどうしたらいいかわかりませんでした。

幼児と違って男子の場合もっと乱暴だし、言葉遣いも変だし、動きも変だし。

女の子も何を言っているかいまいちわかりません。

 

よくあるのが、公園で遊んでいて、砂場にオモチャを置きっぱなしにしてほかの遊びをしていると、そのオモチャで小学生たちが遊び始めます。

砂場で遊ぶのはぜんぜん構わないんですが、砂場のオモチャを持って追いかけっこが始まって、ものすごいスピードでオモチャを持ってどっかへ行ってしまう、という流れ。

いままで数回ありました。

だから小学生が砂場のオモチャに触り始めたら目を光らせ、持って砂場を出ようとしたら、

「遊ぶのは良いけど砂場の中で遊んでよ~」

と言います。

そう言うと大抵、ポイッとして何も言わずに砂場から出ていきます。

その感じもなんか、『小学生』って感じで苦手でした。

 

しかしここへ来て当然ながら、5歳長男にそんな兆し?

おふざけが始まりました。

あまりにもしつこいのでググりました。

『子供 ふざける』


成長の証であり、ユーモアを勉強中だそうです。

ユーモアって、成長過程に組み込まれたものだったの?って感じでした。

へぇ~…

下ネタ系はもちろんのこと、とにかくいろいろと『フザケ倒して』います。

「○○くんが、公園で…ニョロニョロ…グヘヘヘヘ…」

「♪アンパンマンは~きみ~しゃぁぁぁぁ~ プックプクップクプ~♪ウヘヘヘヘ…」

とひとりで笑っています。

最初は私も対応に困った感もありましたが、慣れてきました。

 

意味をなさないユーモア⇒無視、または「何言ってるかわかんなーい」

食事中の下ネタ⇒家であってもダメ

食事中のおふざけ⇒ダメ(おしゃべりはOK)

稀に面白かったユーモア⇒「いまのは良かった」と伝えるww

打率はまだ1割に満たないですが、ヒットはこちら

長男がトイレで大をしたら「ウンチ出た~」と大きな声で言うと、私か夫が行ってお尻を拭いてあげます。

しかしその日聞こえてきたのは、

 

「ライオン、出た~」

 

 

「すごいの出たね~、お尻大丈夫ww?」

 

替え歌ヒット作は…

歌詞自体まだ完全には聞き取れていませんが、替え歌はユーモアの基本なんですかね。

次々トライしますが、ヒット作はいままで1本のみ。

歌詞をすべて「ママ」「パパ」に置き換えて歌っていたのが面白いというよりかわいくて、一緒に歌いました。

 

長男がいつも、私を次のステージへ連れて行ってくれます。

再来年には小学生。

2歳以降はもう、あっという間、というのが私の体感です。

 

にほんブログ村テーマ 小学生へ
小学生

にほんブログ村テーマ 子供のおもしろ観察日記へ
子供のおもしろ観察日記

にほんブログ村テーマ 公園で撮った写真へ
公園で撮った写真

 

 

↓のバナーをクリックいただけるとブログランキングのポイントが入ります。

登録がなくても、どなたのクリックも対象です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ひとりでできることには限りがある。

 

【お知らせ】

『ワーキングマザー3.0』有料会員募集中です。

お金相談やメルマガ、ワークショップにイベントなど、ワイワイしてますのでぜひ寄ってみてください。

詳細・ご登録はこちら

 

RECOMMEND